引出結納・荷納めの準備

引出結納品・引出結納目録・荷物目録

引出結納品

  • 結納

  • 引出結納

  • 結納品
  • 引出結納
  • 結納品
  • 引出結納
  • 結納品
  • 引出結納
  • 結納品
  • 引出結納
  • 結納品
  • 引出結納

結納飾りなど使えるものはそのまま使い、紙とふさは、赤色から松葉色(緑色)に包み替えをします。

  • その他の取り換え

    その他の取り換え

    生もの「スルメ」「コンブ」は新しい物へ取り換えます。

  • 勝男武士

    勝男武士

    男性の縁起物として東海地方では、引出
    結納時に一品として加えます。

引出結納目録

  • 袴料・諸白料

    袴料・諸白料

  • 袴料・酒肴料

    袴料・酒肴料

「結納のしおりより」

「結納のしおりより」

目録の記入項目

  • (1)「小袖料」から「袴料」となり、「小袖料」の1割もしくは着物又は洋服を用意します。
  • (2)本人様記念品
  • (3)酒料として「家内喜多留料」から「諸白料」となり、「家内喜多留料」の三分の一もしくは1割を用意します。「酒肴料」で頂いた時は、「酒肴料」のままで用意します。
    ※結納の品にスルメ・コンブが付く場合の酒料は「家内喜多留料」・付かない場合「酒肴料」としてスルメ・コンブを含めているように書きます。
  • (4)その他引出結納に付ける品々とその数を書きます。
    ※引出結納では、「寿留女」⇒「寿留芽」・「子産婦」⇒「幸運夫」と書き換えます。
  • (5)両家のお名前
       いただきました「結納目録」に従い、書きます。
  • (6)お持ちになる年月
    ※日付は書かずに「吉日」と書きます。

荷物目録

  • 荷物目録

    荷物目録

「結納のしおりより」

「結納のしおりより」

目録の記入項目

昔は、荷物目録・調度品目録と荷納めする品物を詳しく書きました。最近では、大きなもの
貴重品・誰でも持って行くものを選び、お祝い事なので奇数もしくは、1枚に掛ける最大の
17・18点を書きます。

  • (1)お客様には、荷物目録に書く品物を列挙いただきただきます。
  • (2)書き順に従い、お選びいただいたお品を並べ替え書いてまいります。
  • (3)最後に書けないその他諸々を表す「釣台一荷」を最後に書きます。
      ※具体的書かずに「家具一式」「夜具一式」「電化製品一式」など書く場合もあります。
  • (4)お持ちになる年月
      ※日付は書かずに「吉日」と書きます。
  • (5)結婚されるお嬢さんの名前を書きます。

受取目録

「結納」の時に男性の方で用意いただいた場合は、「引出結納」の時に女性側で用意します。

  • 受取目録
    受取目録

    受取目録

    白木盆(足無)に熨斗・末廣と受取目録
    をのせて、用意します。

  • 風呂敷

    風呂敷

    受取目録を持ち帰る相手様のためにあらかじめ用意し、目録の下に置くのも大切な気配りです。

ブライダルリングは OGAKI SASHIGEN
ページの先頭に戻る