結納準備

受取目録

結納を受けることは婚約の正式な契約であり、受取目録は大切な証明となります。
本来は女性側が用意するのが正しいですが、最近は用意する手間をとらせないようにと、
男性側で用意する場合もあります。男性側にて用意すると結納目録同様、一品ごとに書くことが出来ます。

受取目録の準備

必ず、相手様に用意したことをお伝えください。
完成した受取目録は結納日までに女性側に渡しておくと良いでしょう。
男性側で用意した受取目録には自分の名前の所に認印を押してお渡しするとより丁寧です。

  • 受取目録の準備

    白木盆(足無)に熨斗・末廣と受取目録
    をのせて、用意します。

  • 受取目録の準備

    受取目録を持ち帰る相手様のために凡呂敷をあらかじめ用意し、目録の下に置くのも
    大切な気配りです。

  • 受取目録
ページの先頭に戻る